Workshop

講習会・セミナー

今後のスケジュール

準備中

終了報告

桜山インターベンショナル疼痛治療カダバーハンズオンワークショップ

開催日:
2021.03.13(土) 9:00-18:00
会場:
名古屋市立大学医学部 第3講義室、先端医療技術イノベーションセンター

参加者:15名(限定)、講演者を含むスタッフの参加者数 8名

<タイムスケジュール>
08:45~09:00 参加受付(基礎教育棟5階 第3講義室)
09:00~10:00 座学(講義)
10:10~11:30 カダバーを用いた透視下ブロック
11:30~12:30 カダバーを用いた超音波ガイド下神経ブロックの穿刺・解剖
12:30~13:15 休憩(休憩時間は進行状況により調整)
13:15~17:30 追加の穿刺・解剖、適宜休憩
17:30~18:00 後片付け、閉会

<講義>
1「透視下ブロックの1stSTEP」
2「Plan A blocks. 解剖での確認ポイント」

<実習>
① 透視下での腰部神経根ブロック、腰椎椎間関節造影(ブロック)
② 超音波ガイド下末梢神経ブロックの穿刺および色素液の注入
③ 解剖


「慢性疼痛患者の生きる力を支える人材育成」特別講演会

開催日:
2021.02.11(木) 13:30~16:30
会場:
ZOOM によるオンライン配信

参加人数:161 名
【司会】
 名古屋市立大学 麻酔科学・集中治療医学 教授 祖父江和哉

【挨拶】
 名古屋市立大学 学⻑ 郡 健二郎

【挨拶】事前録画
 文部科学省 高等教育局医学教育課 課⻑ 丸山 浩 氏

【講演】第1部
 「痛みの診療最前線」 「慢性疼痛患者の生きる力を支える人材育成」プログラムの紹介
  名古屋市立大学 精神・認知・行動医学 教授 明智龍男
 「精神科医と臨床心理士の役割」
  名古屋市立大学病院 いたみセンター副センター⻑/名古屋市立大学 精神・認知・行動医学 助教 近藤真前
 「アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)の実践」
  名古屋市立大学病院 いたみセンター/名古屋市立大学 精神・認知・行動医学 臨床心理士 酒井美枝
 「地域医療連携といたみセンターの役割」
  名古屋市立大学病院 いたみセンター⻑/名古屋市立大学 麻酔科学・集中治療医学 教授 杉浦健之
 「ニューロモジュレーション治療の可能性」
  名古屋市立大学 リハビリテーション分野 教授  植木美乃

【講演】第2部 特別講演
 「慢性疼痛の課題克服に向けて」
  愛知医科大学 学際的痛みセンター 教授 牛田享宏 氏

【挨拶】
 名古屋市立大学保健医療福祉連携理事/名古屋市の健康福祉局 保健所⻑ 浅井清文


ページトップへ