痛み診療ネットワークモデル事業とは

痛み診療ネットワークモデル事業とは

愛知県内における慢性疼痛患者の診療に携わる先生方を中心に、
医療従事者同士の円滑な診療ネットワークを構築する「実臨床としての連携」と、
同時に慢性痛医療についての知識や経験を広く共有する教育を行っていく「医療従事者の教育」の2つを柱として、プライマリケア医と慢性痛の専門機関の緊密な連携を築き、
痛みに苦しむ慢性痛患者のさらなるQOL向上を目指します。


システム構築の鳥瞰図

ページトップへ